平成26年8月30日(土)
今川地域振興センターにおいて、市政報告会を開催いたしました」。


テーマは「大阪都構想の実態を考えよう」


 都構想の是非についての議論は、皆様に関係のない話ではないのです。
簡単に「都構想を一度やらせてみれば」と考えていたら大変なことになります。

今後の市民生活に極めておおきな影響を及ぼす大切な課題なのです。
一旦移行してしまえば、もう現在の大阪市には戻れないのです。
なぜなら、戻るための法制度が無いのです。

民主主義は時間がかかるものです。
拙速にことが進み、後で取り返しがつかないことに成ったら困ります。

大阪市民は、あえて"いばらの道"に進む方を選ぶことが良いと考えているのか!?
住民投票で決めることに対しては、自分たちで責任を負わなければならないのです。
このことを肝に銘じて、市民にとって本当に良い事なのかきちんと見極めて頂きたいのです。