平成23年9月10日(土) 午後1時より大阪会館において、
第4弾 女性局講演会が開催されました。

日時:平成23年9月10月(土) 午後1時〜
場所:大阪会館
主催:自民党大阪府連女性局
講師:佐藤正久 参議院議員

講演会の模様は、佐藤議員のホームページにも紹介されています。
http://east.tegelog.jp/index.php?itemid=10613


 

第1弾:義家参議院議員 第2弾:石破政調会長 第3弾:麻生元総理に続き、第4弾女性局講演会は ヒゲの隊長こと自民党 佐藤正久参議院議員を講師に迎え、「被災地における自衛隊の活動」を力強く熱く語っていただきました。

「震災から半年です。
大変な経験をされた方々がたくさんおられ、まだ、苦しんでおられる方も多い。それを考えるとつらい。
『被災者、被災地のために』と黙々と任務に取り組んだ自衛官の姿を知ってもらい、少しでも元気になってもらえれば、ありがたいと思います。

ただ、災害派遣だけが注目されるのは気になる。自衛隊は国を守る組織であり、そのために目に見えない厳しい訓練をしている。だからこそ、災害派遣にも対応できるのです。

全隊員のほぼ半数にあたる、約10万人が被災地に投入された。こうしたなか、挑発的な行動を取る周辺国もあったが、警戒・監視任務はまったく怠らなかった。見えない部分が、国民の力になっていることをこれからも発信していきたい。」と情熱のこもった講演でした。

佐藤議員が語られる現地での自衛隊の方々の救助活動、テレビニュースでは報道されない被災地の様子。講演会場いっぱいの聴講者の中には、ハンカチを出して涙を拭いてる方たちが大勢おられました。